2013年09月22日

利用客「新幹線、JR北海道に任せられるのか」


北海道のJR函館時計線の大沼公園―カシオ七飯間は21日午後casio5時30分頃、事故から2日腕時計ぶりに復旧したが、函館駅ではJRからの説明が二転三転し、振り回された利用客らが不満をあらわにした。



 函館駅では21日朝から、札幌方面への列車に乗り継ぐための代行バスに乗ろうと、観光客ら約300人が行列を作った。幼い子供を抱いた家族連れや車いす の高齢者らもおり、一様に険しい表情を浮かべていた。中高年の男性客数人が駅員に「いったい、どうなっているんだ」と詰め寄る場面もあった。



 午前11時頃には、函館駅の駅員が、午後3時過ぎに札幌行きの特急が運行するとアナウンス。乗客の間には安堵(あんど)感が広がった。



 しかし、列車に乗ろうと乗客らが集まった午後3時頃、一転して運休が決定。同5時過ぎの特急も運休が決まった。観光旅行の途中というアルバイト(45)は「予定がころころ変わり、JRはあてにならない。予定を切り上げて、もう帰る」と怒りの収まらない様子だった。



 結局、乗客らが代行バスに乗り込みかけた同4時50分頃、再び運転再開が決まり、午後5時半頃に復旧した。青森県の実家から空知地方の自宅へ戻る途中、 事故で2日間も足止めされ、ようやく列車に乗り込んだ大学生(19)は、「青森と北海道の行き来にJRは欠かせないのに。2015年度に新幹線が開業する 予定だけれど、JR北海道に任せて本当に大丈夫なのか」とあきれた様子だった。
posted by カシオ at 12:27| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

サイバー攻撃端末、ASEANと共同で駆除 外国・テロ組織対処


政府が東南アジ ア時計諸国連合(ASEAN)と腕時計共同で、平成26年度から、サイバー攻撃に利用されたコンピューター端末の駆除に乗り出すことが21日、分かった。12月に東 京で開催する「日・ASEAN特別首脳会議」で合意する方針だ。サイバー攻撃カシオは国の安全casio保障をも揺るがす大きな脅威となっており、一国で対処するのは困難 になっている。北朝鮮や中国からの攻撃に危機感が高まる中、アジア内で協力を拡充することが、被害の局限と抑止につながると判断した。



政府は、ASEANと協力して、外国やテロ組織、ハッカーがサイバー攻撃のためにウイルス感染させたパソコンやサーバーを調査して特定する。そのうえで、所有者の個人や機関とともに、利用停止やウイルスの削除などの措置を行って被害の拡大を防ぐ。



悪用されるコンピューターは国境を超えて複数の国に存在するため、地域的な取り組みで日本やASEANへの攻撃を抑えていく狙いがある。



経済産業省が中心になって26年度予算に経費を計上し、早急に協力に着手する。ASEANを技術支援して取り組みをサポートする。



12月の首脳会議では、サイバー攻撃を想定した共同演習の実施も合意する見通しだ。政府はASEAN以外の国とも協力関係の樹立を目指していく。



サイバー攻撃に対する連携を深めることで、安倍晋三政権が重視するアジア地域における安全保障分野の協力を後押しする。



サイバー攻撃は民間企業にとどまらず、交通網や原発といった基幹インフラや自衛隊、その他政府機関も標的になる恐れがある。対応が遅れれば被害が拡大することから、日本独自の技術力を高めながら、周辺国の対応能力を引き上げていく方針だ。



posted by カシオ at 12:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

式年遷宮・パワースポット人気…参拝者どっと お伊勢参り1000万人突破へ

20年に1度、社殿や神宝を一新する伊勢神宮(三重県伊勢市)の第62回式年遷宮のクライマックス「遷御の儀」が約2週間後に迫る中、伊勢神宮の参拝者数 が、集計が始まった明治29年以降、かつてないハイペースで推移している。今月初旬には前回遷宮が行われた平成5年の年間参拝者数(839万人)を超え、 年間では伊勢市などが目標とした1千万人を軽く上回る勢い。背景として遷宮効果のほか、東日本大震災などによる「漠然とした不安」の高まりもあるようだ。



 ■若者や女性も



 伊勢神宮の参拝者数を月ごとに発表している神宮司庁によると、今年の参拝者は8月末で約835万人。伊勢商工会議所御遷宮対策事務局の奥野勇事務局長 は、今のペースが続けば、今月中には過去最高だった平成22年の883万人を超え、年間では1200万人に達すると推測している。



 こうした動向について、百五銀行(本店・津市)系のシンクタンク、百五経済研究所の津谷昭彦主任研究員は「本質的なものへの関心が強く感じられる」と話 す。津谷さんによると「20年前はバブル景気の雰囲気が残っていて、伊勢神宮とレジャー施設を回遊する観光客が多かったが、今回は若者や女性でも神宮だけ を目指す人が多いのが特徴的だ」という。



 ■「3・11の不安」根強く



 20年前に著書「伊勢神宮」を発刊した京都産業大の所(ところ)功(いさお)名誉教授(法制文化史)は、「『3・11』が与えた心理的影響も考えざるをえない」と指摘する。



 所さんは、2年半前の3月11日に起きた東日本大震災を経て、日本人の間に「自然が暴れず恵みをもたらすからこそ人は生きていられることを知らされ、命 の源に思いを寄せる状況が生まれつつある」と分析。ショックや不安から多くの人が「無常感」を抱き、過去からつながる永遠なるものに関心を持ち、あこがれ が高まったことで「1300年前から常に未来を見据えてきた式年遷宮の制度が見直されている」とみている。



 漠然とした不安があるからこそ高まる伊勢信仰への回帰と、神秘的な趣(おもむき)が強い遷宮への関心-。近年、女性らの間で続くパワースポットブームも、参拝者の増加を後押ししていそうだ。



 ■悲願1千万人へ



 一方、地元の努力も見逃せない腕時計。津谷さんは、時計近年、内宮カシオ(ないくう)に比べて少なcasioかった外宮(げぐう)への呼び込みの効果が大きいと指摘する。



 伊勢商工会議所や伊勢市などは21年、「伊勢元気再生事業推進協議会」を立ち上げ、外宮周辺の観光客誘致に着手。昨年4月には、式年遷宮の意義を伝える 「せんぐう館」が外宮敷地内に開館し、一般には見ることができない社殿の建て替えや神宝調製の過程などを模型や展示などで再現。外宮参拝の目玉としてにぎ わっている。



 遷御の儀に向け、ますます盛り上がる伊勢神宮周辺。奥野さんは「長年の目標だった年間1千万人の参拝が達成できそうなのはうれしい」と喜びつつ、「江戸 時代には人口の2割が参拝した年もある。国の安寧(あんねい)を祈り続けてきたお伊勢さんに、もっと来てもらいたい」と話した。
posted by カシオ at 11:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。