2013年09月22日

利用客「新幹線、JR北海道に任せられるのか」


北海道のJR函館時計線の大沼公園―カシオ七飯間は21日午後casio5時30分頃、事故から2日腕時計ぶりに復旧したが、函館駅ではJRからの説明が二転三転し、振り回された利用客らが不満をあらわにした。



 函館駅では21日朝から、札幌方面への列車に乗り継ぐための代行バスに乗ろうと、観光客ら約300人が行列を作った。幼い子供を抱いた家族連れや車いす の高齢者らもおり、一様に険しい表情を浮かべていた。中高年の男性客数人が駅員に「いったい、どうなっているんだ」と詰め寄る場面もあった。



 午前11時頃には、函館駅の駅員が、午後3時過ぎに札幌行きの特急が運行するとアナウンス。乗客の間には安堵(あんど)感が広がった。



 しかし、列車に乗ろうと乗客らが集まった午後3時頃、一転して運休が決定。同5時過ぎの特急も運休が決まった。観光旅行の途中というアルバイト(45)は「予定がころころ変わり、JRはあてにならない。予定を切り上げて、もう帰る」と怒りの収まらない様子だった。



 結局、乗客らが代行バスに乗り込みかけた同4時50分頃、再び運転再開が決まり、午後5時半頃に復旧した。青森県の実家から空知地方の自宅へ戻る途中、 事故で2日間も足止めされ、ようやく列車に乗り込んだ大学生(19)は、「青森と北海道の行き来にJRは欠かせないのに。2015年度に新幹線が開業する 予定だけれど、JR北海道に任せて本当に大丈夫なのか」とあきれた様子だった。
posted by カシオ at 12:27| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。